×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯を白くしたいのなら!白い歯を手に入れませんか?!2

色のついた飲み物は白い歯の敵

コーヒーや紅茶など色のついた飲み物は、歯にステインという着色汚れがついてしまうので、普段はあまり飲まないようにしています。
カレーなどの色の濃い食べ物も控えるようにしています。
歯磨きセットは常に持ち歩いているので、色のついた飲み物やカレーなどを食べた後はすぐに歯を磨くようにします。

歯磨き粉は“ポリリン酸”の配合された歯磨き粉を選ぶようにしています。
ポリリン酸はデンタルクリニックでのホワイトニングにも使われる成分で、歯を白くするだけでなく着色汚れなどを付きにくくしてくれます。

歯にバリアを作ってくれるので、虫歯予防にもなりますし一石二鳥な成分です。
半年に1回はデンタルクリニックで、オフィスホワイトニングをするようにしています。
芸能人のような不自然な白さは嫌なので、いつもポリリン酸ホワイトニングを選んでいます。
低価格なので続けやすく、ホワイトニング特融のしみるような痛みも無いので気に入っています。

白い歯を保つために、1日に歯磨きを普通の人の倍以上はするようにしています。
歯ブラシや歯磨き粉もドラッグストアではなく、デンタルクリニックで購入するようにしています。
その為、友人からはホワイトニングコンプレックスと言われています。

3つのポイントで手軽にケア

(1)歯科専売品の歯磨き粉の利用すること。(2)フロスを使って歯間まで丁寧にクリーニングすること。(3)定期的に歯科医院に通い歯のクリーニングをしてもらうこと。この3点がポイントです。


歯科専売品の歯磨き粉とは、歯科医院でのみ販売されていて、歯槽膿漏治療用や虫歯予防のフッ素が強化されていたりする特殊な歯磨き粉をいいます。着色汚れの対策、かつエナメル質の修復と保護を目的とする歯磨き粉は、アパガードリナメルがおすすめです。


通常のアパガード商品の2倍、ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが配合されていてます。実際に使用すると違いを実感できると思いますが、毎日の汚れが定着しないし、これまで付いてしまった歯垢が徐々に取れて歯が白くなります。また、初期虫歯の再石灰化の効果もあります。これまで色々な歯磨き粉を試しましたが、アパガードリナメル以外で白さを維持できたものは一つとしてありませんでした。


(2)茶渋やコーヒー、ワインの着色汚れは歯と歯の間が1番付きやすく取りにくいです。この汚れは歯1本1本の輪郭を強調するため、できる限り取り除くと、白さをキープできます。


(3)専用の歯磨き粉を使って、フロスで磨いても歯の裏や磨きにくい場所は着色汚れが付いてしまいます。定期的に虫歯の検診も兼ねて歯科医院でクリーニングをしてもらえば自然な白い歯でいられます。

↑ PAGE TOP